桃の節句。和菓子に合うワインって?

桃の節句

今回は、桃の節句ということで、和菓子にワインを合わせて実験するそうです。夫が。

私は、出産したばかりでワインを飲めませんので、残った和菓子の処理班です。ラッキー!

近所の商店街の和菓子屋さんで買ってきたようです。

昭和の匂いを感じさせる昔ながらの和菓子屋さんが今でも健在です。

合わせるワインは?

前回の実験「チョコに合うワインって何?」のように、甘いものには甘いワインのはず!

そして、和菓子は日本のワインが合うのでは?

ということで、フランスの貴腐ワイン(ソーテルヌ)と日本の甘口ワインを比較して実験しました。

最近、甘いものばかりで大丈夫かな・・・

テイスティング(利き酒)!

以下は夫の感想です。

クレマン・ソーテルヌ

フランス、ボルドーのソーテルヌの貴腐ワインです。

前回のチョコに合うワインの実験で使用した残りです。

蜂蜜やドライフルーツの香りを持つ本当に美味しい甘口白ワインです!

色がグッド!

Doux Doux(ドゥー ドゥー)2016

ヒトミワイナリー(滋賀県)のデラウェアを100%使用した甘口白ワインです。

甘口なのに酸味があります!フレッシュさも感じます。

それから、無補糖・無補酸・無清澄で仕込まれていますので、濁っています。

蜂蜜のような甘さの中に酸味があり、後味はブランデーのような感じです。

酸化防止剤も使われていないようです。

これは期待できるのでは!

合わせる和菓子

桜もち

もちに巻かれた桜の葉っぱからいい匂いがします。春を感じます。

梅もち

見た目は分かりませんが、梅が入っていて、甘いアンコにほんのり酸っぱい梅のハーモニーです。

そうきたかー!

いちご大福

やっぱり、いちご大福が一番美味しそう・・・

今が旬ですね。

大島饅頭(左)、ゆずやぶれ(右)

なぜ、大島饅頭と言うか尋ねたところ、奄美大島の黒糖を使用しているからだそうです。

地域によっては、琉球饅頭とも言われるそうです。

そして、右側がゆずが入った饅頭です。

薄い皮からアンコがみえるので”やぶれ”と言うそうです。

蜂楽(ほうらく)饅頭

これは別のお店に並びました。

『シ、シロ2つください。。。』

マダムA「たった2つね。せこか〜」

マダムB「男のくせに並んでまで甘いのを食べたいとね〜」

私「なんば言いよっとか。見栄張っていっぱい買っても残そうもん。シロはそんなに甘くないけん癖になるっちゃろうもん。シロと貴腐ワインは、ちかっぱ合うとぜー!」

と、心の中でマダムと会話しながら、2個買ってさっと消えました。

まとめ

梅もちには、ドゥードゥーが、びっくりするぐらいに合いました!

アンコと梅の酸味の組み合わせに、酸のある甘口白ワインがぴったりです。

これぞマリアージュです!

蜂楽(ほうらく)饅頭には、ソーテルヌがよく合いました!

アンコが甘すぎず程よい感じで、お互いに主張しあっていない感じでグッドです。

その他の和菓子については、どちらのワインでもいけます。あとは好みですね。

ぜひ、一度、食後のデザートに、和菓子と甘口白ワインを試してみては。

ちなみに、このドゥードゥーは、千円台半ばで買えましたので家飲みワインとしてはもってこいです!

ヒトミワイナリーは、泡もオススメですよ!


ヒトミワイナリー 田舎式微発泡にごりワイン h3 カリブー 720ml 白

シェアしてくれたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA