花見やバーベキューに。マグナムボトルのナチュラルワインがあった!

花見に行ってきました。夫が。

花は散って葉桜だったようです。

しかも、雹は降るし、風は強いし、寒くて凍え死にそうだったそうです。

私と娘は留守番しててよかった。。。

この日は、宮崎県の都農ワインでも霜が降りたとフェイスブックにあがっていました。被害はなかったようで何よりです。

春の急激な気温の低下は、新芽が出てこない可能性があるため果樹栽培にとっては天敵です。

ちなみに、2016年のブルゴーニュでは、4〜5月の芽吹きの時期に霜が降りて、収穫量が激減するなどの大打撃を受けたそうです。

話はずれましたが、極寒のなか、花見に行ってきた夫のレポートです。

花見に持参したワイン!

7本のワインを持参しました。

2本はマグナムボトルなので、実質は9本分ですね。

極寒のなか、本当に開催するのか半信半疑でしたが、15人ほど集まりました。

結果的に、ワインは全て空いちゃいました。よかった〜。

ビールのサーバーも準備されていましたが、そっちの方はたっぷり余っていました。

今回の花見でびっくりしたことがあります。。。

バーベキューをしているすぐ上空に、”とんび”の集団が低飛行していました。

時折皿にのっている肉や、落とした肉をめがけてアタックしてきます。

いやはや、恐ろしかったです。たまに悲鳴もあがっていました。

こんな感じです。

なんか写真で見ると恐ろしさが伝わらない・・・。

日本の桜色ワイン!

花見ということで、桜色のワインをチョイスしました。

HANABI/リタファーム&ワイナリー

北海道の余市のワイナリーで、同地域のニューマスカットから作られたスパークリングワインです。

自然酵母で瓶内二次発酵させていますから、空けた瞬間泡が溢れ出しました!

このワインで乾杯しましたが、飲みやすくて美味しいと声があがっていました。

ANCO/ファットリア・アル・フィオーレ

山形県のデラウェアを皮ごと醸して造られたオレンジワインです。

甘酸っぱくて美味しいです。いい色ですね〜。

飼われているネコの7匹がモデルとなり、7種類のワインがあるそうです。

まとめ

今回の花見の開催にあたり気づいたことは、ナチュラルワインのマグナムボトルがあったことです。

これって大人数でバーベキューを開催するときなど、全員にワインが行き渡るから良いですね!

何よりインパクトがあります!

それでいて美味しければ言うことなしですね。

今回は、真ん中の左に写っているイタリアの白ワイン「アンジョリーノ・マウレ マシエリ」が美味しくて、ぐびぐび飲んじゃいました。

葡萄はガルガーネガという品種で、イタリアには多くある品種のようです。

口当たりはやさしくて、ほんのりアーモンドの香りがするような印象でした。

これはイケます。価格も3千円台半ばでした!

バーベキューなどの大人数での飲み会では大活躍しますのでぜひオススメです!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マシエリ/ビアンコ[2016]マグナム(1500ml)/ラ・ビアンカーラ
価格:3780円(税込、送料別) (2018/4/18時点)

 

それから、私はいつもワインの買い出し係になります。

自分の飲みたいワインを選んで、色々と試せるからです。

今回、もう1本美味しかったワインを紹介します。

フランスのアルザスのワインで、ゲヴェルツトラミネールという品種を主体とした白ワインです。

最後の方に飲んだので、あまり思い出せませんが、繊細でライチのような香りがするのですが、しっかりとした味わいで、実は今回のラインナップの中で一番美味しかったような。。。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アリアンス[2015](マルク・テンペ)
価格:2700円(税込、送料別) (2018/4/18時点)

 

 

シェアしてくれたら嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA